読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life Journey 〜 LGBT好きなことをして生きる。

藤原ナオのメインブログ。LIFE、LGBT、自己啓発、海外、旅することについて。

美しくあるために

おはようございます。

ライフビジョンコーチの直です。

 

私は、20代半ばの頃、NZのホテルでハウスキーピングをしていました。

ハウスキーピングってなにかというと、いわゆる客室の清掃員です。

 

服装は自由だったのですが、、

私は、当時ボッロボロのジーンズを履いていました。

 

f:id:raseen7880:20170504071138j:plain

 

理由は、清掃作業で膝をついたり、洗剤などで汚れてしまうことが多いので、

汚れてもいいジーンズでいいやと思っていたんですね。

 

しかも、膝が破れたジーンズがめちゃめちゃかっこいいと思ってました。

 

「ボロボロになるまで、働いてます!」

「イケてる若者のファッションです」

 

って、これだけ頑張ってます!!お洒落です!!っていうのを、

周りの人に見て欲しいって気持ちもあったんでしょうね。

 

 

他のスタッフからも「そろそろ新しいズボンにしたら?」と言われても、

かたくなに同じジーンズを履いていました。

 

「なんでそんなことを言われないといけないんだろう?」とさえ感じていました。

 

 

そんな中、ある時、ふと思いました。

「私は、私をどんなふうに扱っているのだろう?」

「ホテルに来て下さるお客さまは、私をどのように見るのだろう?」

 

ボロボロのジーンズを毎日履いている自分に、

自分自身は喜んでいるのだろうか?心地よいのだろうか?

 

5つ星のホテルでホリデーを楽しもうとしてるお客様は、

果たして、ボロボロのジーンズを履いた私を見てどう感じるのだろう?

 

決して、人は見た目ではないと思うけれども、

ボロボロのジーンズを履いている自分自身を、

自分が大切に扱ってないようで、妙に悲しくなりました。

 

「このままじゃ、、ダメだなあ」

 

すぐにその足で新しい身体にあった黒いズボンを買って、

次の日から履いて仕事に行きました。

 

自分自身の気持ちも良く、仕事もはかどって、

翌週には、スーパーバイザーに昇格しました。

 

 

お金持ちは、必ずいいパジャマを着ているようです。

その理由は、お金持ちは睡眠をとても大切にしているから。

だから、眠る時に着るものにこだわりを持っている。

 

考え方や、着るもの、見た目。

「それは、美しいか?」

と、一度、自分に問いかけてみてください。

 

 

【今日の質問】DAY26

「まわりにある美しいものは、何ですか?」

 


ライフビジョンコーチ
藤原 直
 
4月5月限定募集 単発セッション、3ヶ月セッション セッション詳細をご連絡します。
お問い合わせは、こちらまで
raseen7880@gmail.com
 
🌈プロジェクト詳細は、こちらから
世界のLGBT先進国を巡り最先端での学びを日本中に発信したい!
https://readyfor.jp/projects/lgbtfriendly
 
 
📲TwitterInstagramもリニューアルです!
Twitter : naofujiwara1978
Instagram: naofujiwara1978
 
 
📻ゆめのたねラジオ
NIJIIRO CAFE(にじいろカフェ) 毎週土曜日 朝6時30分〜7時放送
http://www.yumenotane.jp/nijiirocafe
Facebook
https://m.facebook.com/Nijiiro-CAFE-にじいろカフェ-1750717251879001/